本当に悲しくて残念な事ですが、長年に亘り共に奉仕活動をして来られた仲間がご逝去なされました。L.荒井甲一郎に於かれましては、1985年入会から2015年に至るまでの30年間多くの奉仕活動やクラブ運営にご尽力なされ、その功績は多大なもので有り衷心より感謝申し上げます。そしてご自身が終身会員としてクラブに残られた後は、長男のL.荒井豊明を正会員として継承なされた事に対しましても、厚く御礼申し上げます。そしてこの度ご逝去に際しまして喪主のL.荒井豊明を介して、岡谷ライオンズクラブに対しまして、尊いご遺志金を賜りました。会発展の為に有効に使わせて頂きたいと思います。本当に有り難う御座いました。

皆さんもご承知の通り、国内でインフルエンザが異常発生しております。厚生労働省の発表によりますと、感染者数は過去最大で先日も、遂に47都道府県全域での警報が発令となり、この事も今迄に無かった事だそうです。皆様に於かれましては、健康管理には充分注意して頂きましてのご活躍をご祈念申し上げます。

この後担当者から報告がございますが、先月18日~21日迄姉妹クラブの、新竹市中央ライオンズクラブの48周年記念式典に多くのメンバー参加の下行って参りました。20日の式典では600名を超える新竹市中央LCに関わる多くのメンバーの歓迎を受けました。又懇親会の席では呉芳錫(ウーファーンシー)会長と親しく話が出来両クラブの友好関係が深まった事と思います。そして26日の4LC合同新年例会には多くのメンバーに参加して頂き有り難う御座いました。私の挨拶の中で申し上げましたがL.宮澤正隆からL.増澤義治にZCが変更になり、1月16日の1Rで行われた第二副地区ガバナー選出委員会でL.増澤義治が承認されて、5月の地区年次大会での代議員投票結果では、3年後に諏訪湖LCの増澤キャビネットが誕生致します。その際は1Z一丸となって協力したいと思いますので宜しくお願い致します。この後壮行会を行って頂きますが、1R菅沼キャビネット主催で大きな事業のひとつの44回J&P合同医療奉仕活動に8日~11日の間、岡谷LC関係では12名参加で奉仕活動を行って来ます。この事業はキャビネット事業として長年に亘り継続事業として行って居て、現地の人々は大変喜んでいます。私の個人的な考えですが、今後も継続事業とするなら色々な面での改善策が必要かと思います。

最後にメンバーの皆さんに会員増強のお願いが御座います。7月のスタート時から会員数は実質3名減となっております。会長職の私の力不足で誠に申し訳ございませんが、どうか3月20日の入会式には、多くの新メンバーをお迎えしたいと思いますので、更なるご協力をお願い致します。