先ず始めに皆様にご報告が御座います。4月2日(火)の夕方に岡谷市神明町在住の、本山満子様が90歳でご逝去なされました。その際、ご遺族様から献眼の申し出が有り、岡谷病院でL.鬼窪清博の立会いの下、無事摘出され信州大学医学部にお届け致しました。故人に対しまして衷心よりご冥福をお祈り申し上げると同時に、ご遺族の皆様に心から感謝申し上げます。
今から30年前の1998年1月、当時官房長官だった小渕恵三議員が新元号「平成」を発表して、1月8日から30年間続いた「平成」も今月末で幕を閉じて、愈々5月から新元号に変わりますが、先日の4月1日全国民が注目した新元号が、今回も官房長官の菅義偉議員から発表され「令和」(れいわ)と決定しました。日本最初の元号は
1.374年前の西暦645年の「大化」(たいか)から始まり、実に248番目の元号になります。そして今回の元号は過去に於いては中国の古典から多く出典されて居ましたが、今回初めて国書の古典「万葉集」から選ばれました。1.200年以上前に作成されました「梅花の歌」三十二首序文から

【初春の令月にして気叔く(きよく) 風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後(はいご)の香を薫らす】

この句の「令月」(れいげつ)「風和ぎ」(かぜやわらぎ)から引用されて居ます。人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育ち梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国で有ります様にと出典された理由と意味も発表されて居ます。私共もL.Cの一員として今後も奉仕活動を通して、明日への希望を咲かせる地域作りに精進して参りたいと思います。
4月1日に、岡谷市役所に於いて、岡谷市制83周年記念式典が開催されて出席させて頂きました。その中で岡谷L.Cに対しまして今井竜五岡谷市長より感謝状を頂きました。そして他にもメンバー関係でL.望月久代は有効表彰され、(株)キタキン・(株)サイト興和工業(株)・(有)GCヤマサキ・山岸建設(株)の五社が褒賞対象として感謝状を授与なされました。多くの参加者の前でそれぞれ個人名.団体名.会社名を発表された時は、喜びと同時に誇りも感じました。今後も市制に対して継続して行きたいと思います。
本日は卓話例会となっております。今月より「働き方改革関連法」が大企業で施行され、中小企業も来年の4月1日より施行されます。私共経営者に於いても、一般社員に於いても色々な課題は有りますが、L.有賀徳子の卓話を是非とも参考にして頂き、それぞれの企業に役立てて頂きたいと思いますので、どうか宜しくお願い致します。
以上、挨拶とさせて頂きます。