会長挨拶に先立ちまして、皆様も既にご存知かと思いますが私共メンバーのL.宮坂崇弘が、学校医として半世紀以上勤務し学校保健功労で、そしてライオンズクラブ活動のフィリピン医療奉仕活動を40回以上参加して、過日の叙勲で「瑞宝双光章」を受賞されました。本当におめでとうございました。そしてこの度、私共クラブに対しまして、尊いドネーションを頂戴いたしました。衷心より感謝申し上げまして、皆様にご報告いたします。有り難う御座いました。

本日の例会は卓話例会です。出席大会・計画委員長L.山崎賢一は今年度12回の卓話例会を計画して、特に女性講師を招きたいと、今回が6人目の女性講師の、宮本総子様をお招きして卓話をして頂きます。後程山崎委員長よりご紹介させて頂きますが、宜しくお願い致します。

先月12日は振替例会でも有り、多くのメンバーが参加して頂き飯田文化センターで地区年次大会が開催され、私共岡谷ライオンズクラブは、多くのメンバーの協力を賜り各種事業を遂行して、後程第一副会長のL.小口恒樹よりご報告させて頂きますが、多くの賞を菅沼地区ガバナーから頂きました。改めてメンバーの皆様の協力に心から感謝申し上げます。誠に有り難う御座いました。又地域奉仕健康推進委員長L.須藤翠巌担当では、神明町在住の本山満子様よりご家族を通して、献眼(角膜移植)の依頼があり、その事に対して長野県アイバンク協会より感謝状を壇上にて頂きました。献眼活動に関しては昨日縁が有って、諏訪湖L.Cが三年に一度開催して居る高島城公園内に建立されて居る、献眼者慰霊碑前で、第八回献眼者慰霊法要例会に参加させて頂きました。今回の対象者三名の中には笠原文武元ガバナーと、今年度諏訪湖L.C井上会長のお父様も居て過去の献眼者を含めて120名の方々の法要が執り行われました。

改めて今後も献眼登録活動の必要性を強く感じました。

残すところ今年度もあと僅かとなりましたが、最後までのご協力をお願い致しまして、会長挨拶とさせて頂きます。